相続税・贈与税の情報

2013年08月05日
教育資金の一括贈与の非課税制度
2013年06月07日
生前贈与について
2013年04月05日
平成25年税制改正―相続税・贈与税を中心に―
2013年01月17日
相続対策について
2012年11月12日
名義預金の防止と保険料贈与プラン
  • お客様の声
  • 弁護士による相談対応はこちら
  • 相続税の基礎知識
  • 個別相談会
お問い合わせ
会社概要
〒600-8177
京都市下京区烏丸通五条下ル
大阪町391 第10長谷ビル8階

>>会社概要の詳細はこちら

>>アクセスマップはこちら

相続、贈与に関するご相談対応地域
京都府、滋賀県、大阪府、兵庫県、奈良県
※他のエリアの相続相談は事前にご連絡下さい。

クリニック様向けサービス

低価格型 トータルサポートサービス

事業承継をご検討のへ

相続内容・実績紹介

よくある相続の相談事例をご紹介致します。

相続財産の多くが不動産・・・
相続税評価額では評価額が高すぎる・・・。
事前の相続税シミュレーションで多くの不動産(市街化農地等を含む)を所有しておられることが判明。
財産評価基本通達による宅地の評価減には限界があると判断。弊社の提携不動産鑑定士に宅地の評価を依頼し、大幅な相続税の圧縮を実現!!
数年前に相続税額の試算をしたが、
対策を立てずにそのままにしている
数年前に一度他社にて相続税の試算をしたきりそのままにされているお客様でした。

再度相続税シミュレーションを行った結果、不動産の暦年贈与を行うこととなりました。不動産が相続財産の多くを占めるお客様であったため、納税資金のご心配をされていましたが、保有中の金融資産でまかなえることを知り、安心されたようです。
また前回の計算結果より、路線価額の低下などにより評価額は大きく減少され、数年に一度は見直しをする必要性を痛感する結果となりました。
また、贈与証書作成により不動産登記のかわりにすることで登記費用が発生しないことも贈与をされるきっかけとなられました。
多額の相続税が発生することが予想されます・・・
どうしたらよいか・・・。
資産総額10億を超える弊社顧問先様。現在、相続対策を実施中。
主な対策として、資産保有会社の設立による相続税の圧縮を実行中。
また、毎年の相続税対策の進行状況を年に一度の相続税シミュレーションで納税者の方に目に見える形で資料をご提供中。
大きな対策をすることなく相続が開始してしまいました・・・
これからどうすればよいのか・・・。
多額の相続税を回避するため、出来れば配偶者の税額軽減を出来るだけ適用しようと、2次相続における相続税シミュレーションを行いました。
その結果、配偶者の税額軽減を出来るだけ利用することとしました。
併せて、2次相続に向けた実現可能な贈与プランを作成しご提供しました。
相続税の納税資金が心配・・・
毎年の金銭贈与では子供たちが使ってしまうのでは・・・。
毎年の現金贈与は欠かさず行っておられたご様子。
ただ・・・贈与を受けたお子様たちが散在することを心配して弊所にご相談。
保険を活用した効率的な納税資金の確保をご提案しました。
いまのうちにできる相続税対策をしてください!
相続税額試算の結果、まずは暦年贈与をご提案しました。不動産の相続財産に占める割合が高いため、不動産の贈与を行うこととなりました。あわせて小規模共済のご加入と生命保険の非課税枠の適用を受けるため、生命保険にご加入いただくことで納税資金の確保に努めました。(改正も考慮して障害者の方を受取人にしていただいております。)
2次相続に向け提案をしてほしい・・・。
相続税だけでなく所得税・法人税についても話を聞きたい・・・。
相続対策も十分にやってこられたご様子。
相続税の申告については、2次相続を中心にご提案させていただきました。

今後も多額の資金の流入が予定されることから、新設法人設立をご提案し流入資金の分散をご提案しました。
相続税の試算のみならず、所得税、法人税、贈与税の試算を行い、トータル的な節税のご提案を実行中です。

このページのTOPに移動